携帯電話の電磁波の影響

携帯電話の電磁波について見ていきます。
携帯電話の電磁波は、私達の体に悪影響を及ぼすものとしてヨーロッパを中心に世界的に危惧されているものです。
しかし、日本ではまだまだ重要視されていないのが実情ですね。

この電磁波は、大人よりも子供の方が影響を受けやすいと言われています。
子供の脳は大人よりも小さく頭蓋骨も薄いので、大人よりも多くの電磁波が頭の中に入ってしまうのです。
そうして頭の中に入った電磁波は、長い年月をかけて蓄積されていってしまいます。
また子供の脳神経は未熟なため、電磁波の影響を受けやすいとされているのです。

電磁波の大きさを示す値にSAR値がありますが、このSAR値、10歳児では2.5倍、5歳児では4.2倍、さらに目へのSAR値は5歳児では何と12倍にも匹敵すると言われているのです。
さらに恐ろしいことに、胎児への影響も心配されています。
フランスでは、妊婦さんは携帯電話をお腹に近づけないように勧告されていますよ。

日本ではまだまだ電磁波の危険性の認識が足りないですが、各国では様々な対策をしています。

イギリス・・・緊急時以外は子供の携帯電話の使用を禁止すべきである、子供をターゲットにした携帯電話の宣伝は控えるなどを勧告。

ドイツ・・・子供だけではなく、大人も携帯電話の使用をできるだけ控えるべきであると勧告。

ロシア・・・16歳未満の子供や妊婦、神経疾患、てんかんにかかった人や、かかりやすい人は、携帯電話の使用を控えるべき、携帯電話を使用する時は3分以内にし、次の使用までには15分程度空けるべき。

その他オーストラリアやアイルランドでも、子供には携帯電話を使用させるべきではないと勧告されています。

子供の安全のために携帯電話を持たせる人は多いですが、このような電磁波による健康被害のことも考えてみてください。
持たせる必要がある時はあらかじめ子供にも電磁波について話して聞かせて、長時間通話をしないなどの対策を一緒に考えておくと良いですね。


子供の携帯電話関連情報

posted by 子供の携帯電話選びと比較 at 15:38 | 子供の携帯電話選びと比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。