家庭の中での携帯事情

子供の携帯事情について見ていきます。
最近では、大人だけでなく子供達の間でも良く使われている携帯電話ですが、家庭の中での携帯事情はどのようになっているのでしょう。

子供に携帯電話を持たせるのは、だいたい中学生からが多いようです。
気になる携帯電話料金ですが、1ヶ月2000円?4000円かかっている人が全体の30%で最も多く、続いて4000円?6000円、2000円未満は全体の15%程度になっています。
平均すると、子供にかかる携帯電話料金は1ヶ月3000円前後と言えますが、これは携帯電話料金を親が支払っている場合です。
その家庭によって様々だと思いますが、高校生まではほとんどの親が子供の携帯電話料金を支払っているようです。
大学生になるとアルバイトを始めることもあり、自分で支払う子供も増えてきますが、まだまだ親が支払っている家庭が多いようですよ。

子供の携帯電話に期待することはやはり防犯機能のようです。
携帯電話を持たせることには抵抗を感じている人も、GPS機能や、防犯ブザーがついた携帯電話なら・・・と、子供の安全面を考慮して持たせる人が多いようですね。

ですがやはり、携帯電話を持たせることで発生する様々なトラブルを心配している親も多く、8割の人が、「有害な情報に接しないかどうか」を心配しているようです。
その他にも、犯罪に巻き込まれないか、とか子供の友人関係が見えない、といった様々な心配があるようです。

子供とすぐに連絡が取りやすく防犯対策としても有効的な携帯電話ですが、親の立場からするとやはりこうした心配事は尽きないようですね。

「おうちでレッスン! 初心者のための、本格アロマテラピー講座」レビュー


子供の携帯電話関連情報

愛着飢餓(前編)

前回書いた鳴らない携帯電話のような子供の時間に支配されてしまいます。 私の場合は彼女にと喧嘩したあとに和解のメールを送ります、でもまったく返事がありません、二人の仲がいいときにはメールはわりと早く帰ってくるのですがこうなるとメールが気に ...(続きを読む)



posted by 子供の携帯電話選びと比較 at 13:28 | 子供の携帯電話選びと比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯電話の低年齢化

子供の携帯電話事情について見ていきます。
携帯電話は、今や私達の生活に欠かすことのできないアイテムですよね。
家庭の中で使われている携帯電話は自然と子供にも触れる機会が多くなり、携帯電話の使用年齢はどんどん低年齢化しています。

子供が欲しいと言っているんだけど、いったいいつ頃から持たせてよいのかな?
他の家庭ではどうなっているんだろう?と、親としては気になるところですよね。

調査によると、小学校の低学年から既に持たせている家庭もあり、使用率は全体の1割前後となっています。5、6年になって高学年になると2割前後に増え、中学生になると中1生では全体の48%、中3生になると69%になり、半数以上の子供が使用していることになっています。
高校生になると、更に使用率はアップし、全体の90%にまでのぼっていますよ。

携帯を持ち始める時期は、以前は高校のうちが主だったのに対し、現在では中学入学後が全体の40%ほどで一番多くなっています。
小学校の低学年の頃は、子供の意思ではなく親の希望により持たせるパターンが多く、子供の防犯目的や親子間での連絡手段として、携帯電話を持たせることが多いようです。
中学、高校になってくると子供からの要望があって持たせることになるパターンが多く、やはり、友達との関係づくりの為に携帯電話を使用したい、と考える子供が多いようですね。
また電話だけではなく、メール機能を使い始めるようになり、友達とのコミュニケーションは主にメールで行っている子供が多いようです。

子供が携帯電話を使い始める時期はそれぞれの家庭事情でも大きく変わってきます。
周りの環境に流されず、本当に必要であるのか家族で良く話し合ってから、子供に持たせるようにしましょう。


子供の携帯電話関連情報





産後のバストアップ
posted by 子供の携帯電話選びと比較 at 10:11 | 子供の携帯電話選びと比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の携帯電話「事前にトラブルを防ぐには?」

子供の携帯電話で、トラブルに巻き込まれないようにするための注意点について見ていきます。
子供に携帯電話を持たせる時、メールやインターネットサイトなどによる犯罪に巻き込まれてしまわないか、ということは心配事の1つですよね。
子供が被害にあうことがないよう、携帯電話を持たせる前に十分にその危険性を話しておきましょう。
犯罪に巻き込まれないために、いくつかの防止方法があります。

●電話番号やメールアドレスをむやみに教えないようにする
携帯電話を持って浮かれ気分になっていると、ついつい色んな人に電話番号やアドレスを教えてしまいたくなってしまいます。
また、最近ではインターネットサイトに、自分の顔写真やプロフィールなどを載せて情報交換をするといったものもあります。
不特定多数の人に個人情報を漏らしてしまうことは、とても危険なことです。

●知らない電話番号に掛け直したり、知らないメールに返信したりしない
知らない番号から電話がかかってきてもすぐには応答せず、留守番電話に用件を登録させて内容を確認してからかけ直すように習慣づけましょう。
電話に出てしまうと、相手にある程度の年齢や性別も分かってしまいます。
知らないアドレスへの返信も危険です。
悪質業者からの、不当請求を受けるターゲットにされてしまう可能性もあります。

また、インターネットを利用していると危険なサイトにアクセスするつもりはなくても、何かのはずみにアクセスしてしまうということもあります。
そのようなサイトで、何らかの項目をクリックしてしまうと、いきなり「登録ありがとうございます」なんてことになり、子供は動揺して言われるがままに自分の住所や名前、電話番号などを教えてしまうといったことになり、後から自宅に高額な請求書が届くといったトラブルもあります。

電話会社が行っているフィルタリングサービスを利用するのが一番良いですが、高校生くらいになってくると嫌がる子供もいますよね。
自分の情報は気軽に教えないこと、知らないメールや電話番号は無視することをしっかりと教え、色々なトラブルの具体例を子供にしっかりと教えておきましょう。


子供の携帯電話関連情報

リンク集(シナプス2) | 子供保険・学資保険のツボ!

「リンク集(シナプス2)」は「子供保険・学資保険のツボ!」内のページです. ... リンク集(シナプス2). 子供保険・学資保険のツボ! TOP → リンク集(シナプス2). リンク集(シナプス2). 当サイトはリンクフリーです。相互リンクも常時募集してい ...(続きを読む)



posted by 子供の携帯電話選びと比較 at 06:59 | 子供の携帯電話選びと比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。